バンクーバーの気候と服装のまとめ

バンクーバー,気候,服装

世界でもっとも住みやすい街に上位するバンクーバー。一般的にカナダの街は、寒い国と思われがちですが、西海岸に面するバンクーバーは、四季があり、年間を通して、穏やかで比較的とても過ごしやすい街なんです。特に冬の観光を予定している方はどれくらい寒いのか、どんな服装で行けば良いのか気になるところですよね。ということでここでは、季節ごとにどんな気候なのか、見てみましょう!

バンクーバーの冬は意外と寒くないって本当?

バンクーバーってカナダだからは寒いんでしょう?って思いますよね。この街の四季は、大きく分けると乾季と雨季の二つに分けられます。

バンク―バー,気候

5月~10月の乾季の時期は、湿気が低く、雨量も少なく最高気温が25度を超えると、夏日と呼び、30度を超えたら、バンクーバーにとっては、大猛暑なんです。日本と違って湿気がなくカラッとしているのでとっても過ごしやすいです。日陰に入ると肌寒かったりして、初めて夏に観光へいったときは夏なのに鳥肌が、、と思ったくらいです。

そして11月~4月は雨季になり、徐々に雨が降る日が多くなりどんよりとした天気が続きます。10月下旬くらいから、雨が多く降るようになります。1ヶ月間ずっと雨なんて事もザラです。しかしバンクーバーはカナダの中でも西海岸沿いの気候に恵まれているため、真冬でも気温が氷点下になることは滅多になく、雪が降る日は以外にもほとんどないんですよ!ダウンタウンは、特に雪が降っても、翌日には、溶けてしまう程度なんですよ。

 

バンクーバーの年間の気候と季節別の服装まとめ!

バンクーバーが、気候がらとても過ごしやすいのが、分かっていただけたかと思います。では、バンクーバーの年間を通してどの位の気温なのか、また季節によってどんな服装が適しているのか、年間を通して探ってみましょう!特に冬に観光で訪れる予定の方は、どれくらいの防寒具を持っていけばよいのか悩みますよね。ぜひ参考にしてみてください!

◆春(3月~5月)

バンク―バー,気候
春の始まりは天気が不安定になりますが、徐々に安定して沢山の花が咲き誇り、4月にはさくらの木が満開になります。特に4月からは、バンクーバーでは、桜の名所が多く、ダウンタウンを始めあちこちで、きれいな桜を見る事ができるんです!

バンクーバーの桜の歴史は、古く1930年に登ります。横浜市と神戸市より寄贈されたのが始まりで、今ではクイーンエリザベスパークやスタンレーパークなどで色々な桜に関したイベントも開催されるようになりました。気温はどんどん温かくなり、5月には日中は軽装で観光ができるほどです。春とはいえ、バンクーバーの昼と夜の気温差があったり、不安定な時期なので、薄手のジャケットがまだまだ必要です。女性の方は、スカーフを一枚用意すると便利ですよ。

point春の服装
ニットカーデガン
薄手のジャケット
スカーフ

 

◆夏(6月~8月)
バンクーバーの夏は、湿気がなく、爽やかな晴天が続き日本の秋のような気候です。冒頭でも書きましたが、日陰に入るとひんやりするくらい湿気がないんです。

バンクーバー,気候,服装

クーラーもないお家がほとんどという、日本では考えられないクーラーの普及率。もちろん昔滞在していた私の家にもありませんでした!そしてサマータイムが実施されるこの時期、陽も長くなり、7月中旬頃から下旬にかけて10時位まで明るいんです。行動時間も長くなっちゃいますね。しかしいくら涼しいとはいえ、バンクーバーの日差しはとても強いので、日焼け止めや帽子、サングラスなども用意しましょう。朝晩と日中の気温差が大きいので、体調不良にならないよう薄手のジャケットを持ち歩くなど、旅行中は、充分!気をつけたいものですね。

point夏の服装
カーデガン
薄手のジャケット
スカーフ
帽子
サングラス
日焼け止め

 

◆秋(9月~10月)
バンクーバーの秋はわずか2ヶ月位ととても短いですが、この時期は紅葉を楽しむことができる素晴らしい時期です。天気がいい日が比較的続き、夜にはぐっと気温が低くなります。この気温差が紅葉を更に濃くすると言われています。10月中旬以降は天気が不安定になり、雨が降る日が多くなります。

バンクーバー,気候,服装

特にハロウィンの日の降雨率は、高いんです。この時期に旅行には、なるべく温かい洋服を用意するとともに雨具を持っていかれることをお勧めします。ちなみに日本のように豪雨になることはほとんどなく、傘を持たないカナダ人も多いです。折りたたみ傘の文化も日本ほど浸透していないので必ず折りたたみ傘は持っていくことをおすすめします!

point秋の服装
折り畳み傘
レインコート
レインブーツ
ニット
◆冬(11月~2月)
バンクーバーのは少し長めですが、前文でも述べたように、気温が氷点下まで下がることはあまりなく、日本の東京ほどの気温です。服装は日本の冬と同じ服装を用意すれば問題ないでしょう。マフラーや手袋などの防寒グッズ、ホカロンなどは持って行く重宝しますよ!

バンクーバー,気候,服装

ただ、バンクーバーでは、室内の暖房がとてもしっかリしているので、室内には入ればもちろんポカポカです。賃貸のアパートでは、暖房込みで賃貸している所も多く、使いたい放題なんて事も…。室内で急激に熱くなるのでは織物は脱ぎやすい厚手のカーディガンなどがよいかもしれません。ちなみに私はヒートテックに厚手のニットカーデガン、そしてお尻が隠れるダウンジャケット愛用です!

そしてこの時期は不安定な天候が続き、雨のバンクーバーの名の通り、曇った日や雨が非常に多くなります。雨具の準備も忘れないように!積雪に悩まされることは、ほとんどないのでご心配なく!

point冬の服装
レインコート
レインブーツ
ダウンジャケット
手袋
マフラー
ニットキャップ

 

バンクーバーの観光するならベストシーズンはいつ?

バンクーバー,気候

バンクーバーをの四季詳しく述べてきましたが、バンクーバー旅行のベストシーズンは、いつがいいのか気になりますよね?今までも述べてきたように、バンクーバーは穏やかな天気が続き夏の間も過ごしやすいので、5月~10月がバンクーバー旅行のベストシーズンだと思います。

5月から新緑が生い茂り、とても過ごしやすい気候の続くこの時期は、カナダらしい自然を思いっきり楽しみ観光をするのに最適な時期と言えます。花火など夏のイベントも多くとても活気的なバンクーバーを観光する事ができます。また9月~10月の時期は、紅葉を楽しむことができます。航空券の価格もこの時期ぐっと下がるのでおすすめ!

東側の紅葉も素晴らしいですが、バンクーバーも紅葉の見どころがたくさんあるんですよ。10月~4月にかけては降水量が増え、どんよりとした天気が続き観光にはお勧めとは、言えません。いかがでしたか?バンクーバーの四季折々、気候などお役に立ったでしょうか?年中通しても魅力あふれるバンクーバー、ぜひいらして実感してみてくださいね!気にいる事間違いなしです!

コメントは受け付けていません。