バンクーバーのおすすめ観光や見所は?

rank1_mini

カナダの西の玄関口として知られているバンクーバーは、世界で最も住みやすい都市に常に上位を位置しています。ご存知でしたか?!?!

カナダで3番目の規模の大都市でありながら、気候も年間を通して穏やかで、山と海に囲まれた自然豊かな海岸都市なんです。

そんなバンクーバーで、自然を活かしたアクティビティ、イベントや観光スポットは、どんな所があるのか、紹介していきたいと思います。また比較的観光客の少ない冬の時期の見所があるのか、たっぷり紹介したいと思います!見どころ満載ですよ!

バンクーバーでここだけは押さえておきたいおすすめの観光地や見所10選

カナダでも人気の街バンクーバー。効率よく人気の観光地を回りたいですよね。そこで私がおすすめする、絶対訪れたい観光スポットや見所10選をランキングでご紹介します!まずは夏におすすめの場所からです。もちろん、冬でも楽しめるインドアの場所もありますよ!

rank1_miniバンクーバーハーバーセンター展望台 ルックアウト
まずはバンクーバーのダウンタウンの景色の中で、とても特徴的な形をしているバンクーバーのハーバーセンタービル。バンクーバーのシンボルの1つでもあります。上部に、バンクーバー ルック アウトと呼ばれる展望デッキがあり、このデッキからは360度の素晴らしいバンクーバーの景色を見渡すことができます。

展望デッキへのエレベーターは有料になっていますが、1日有効なので、お昼の風景、夜の夜景を楽しむのもアリですね。エレベーターは、ガラス越しに外が見えるようになっていて、40秒で展望台につくまで、168.60mをあっという間に登るスリルを楽しむことができます。展望デッキの上には、360度ゆっくり回転するレストランがあり、景色を見ながら美味しい食事が楽しめるんですよ。

■ 基本情報
・名称: バンクーバー ルックアウト
・住所: 555 West Hastings Street Vancouver
・アクセス:ダウンタウン中心部から徒歩10分
・営業時間: 8:30am – 10:30pm ※時期によって変動あり
・料金: 大人: $15
・公式サイトURL:www.vancouverlookout.com

 

rank2_miniイングリッシュベイ
ダウンタウンの西側の市民の憩いの場所、イングリッシュベイ。
スタンレーパークにまで続く遊歩道があり、自転車、マラソン、犬の散歩など、みなさん思い思いの過ごし方をしています。夕陽がきれいに見え、日没の時間は、とてもロマンチックです。また海沿いにはおしゃれなレストランが並んでいるので、ふらりと散歩をし、疲れたらレストランやカフェでゆっくり休憩するのもいいですよ。夏には、音楽に合わせて上がる花火大会があり、3日間3回に渡って30分間上がる花火は、感動ものです。元旦には、寒中水泳が行われるなど、地元の人達も愛してやまない場所なのです。

バンクーバーの海岸線に延びる遊歩道であるシーウォールで、スタンレー公園とも繋がっていますよ。砂浜で日光浴を楽しんだり、夏には海水浴もできます。大自然に囲まれながら日本では味わえないバンクーバの空気を感じることが出来るので癒されたい方はぜひ!

■ 基本情報
・名称: イングリッシュベイ
・住所: English Bay, Vancouver
・アクセス: バンクーバー・シティーセンター駅(Vancouver City Centre Station)から6番バスで15分。デイビー・ストリート(Davie St.)とデンマン・ストリート(Denman St.)の角で下車
・公式サイトURL: www.vancouver.ca/parks/rec/beaches/english.htm

 

rank3_miniバンクーバー美術館
かつて裁判所として使われていたギリシャ風の立派な建物で、17~18世紀のカナダ美術や、20世紀半ばのイギリス絵画や彫刻の作品が収蔵されています。3階はカナダを代表する画家であるエミリー・カーのギャラリーになって、見どころ満載です。ピカソやルノワールなど馴染みのある画家の展示も定期的に行われ、日本で見るよりも接近して見る事ができるはず!あまりの近さにきっとビックリですよ。また、2階には、カフェもあり、手軽な値段で軽食が取れます。パニーニをいただきましたが、とても美味しかったです。1階には、ギフトショップもあり、その時の催し物のオリジナル商品もあったりと、お土産屋にももってこいです。ちなみにギフトショップとカフェは、入場料を払わなくても入れます。

■ 基本情報
・名称: バンクーバー美術館
・住所: 750 Hornby St Vancouver, BC
・アクセス: スカイトレインのバンクーバー・シティー・センター駅(Vancouver City Centre station)から徒歩5分
・営業時間: 10~17時(火曜は~21時)
・定休日: 1/1, 12/25
・料金: 大人:17.50CAドル(冬季)、20CAドル(夏季)
・公式サイトURL: www.vanartgallery.bc.ca

 

rank4_miniクイーン エリザベス公園

1940年にバンクーバーを訪られたエリザベス女王(現女王エリザベス2世の母、2002年に101歳で逝去)
記念して名付けられたクイーン エリザベス公園は、ダウンタウンの南に位置するカナダで最初の市立植物園です。四季折々の花が楽しめ、敷地面積は、52ヘクタールで、標高167mの小高い丘の上に造られてた公園の園内から見渡すダウンタウンと海のパノラマもすばらしいんです。公園の頂上には、バンクーバー唯一の熱帯温室であるブローデル温室The Bloedel Floral Conservatoryがあり、ガラス張りのドーム内には約500種もの熱帯植物が植えられているんです。そしてその中には、100羽以上の鳥が放し飼いにされ、自然を満喫できる公園になっています。また町を見下ろす眺望が自慢のレストラン、「Seasons Hill Top Bistro」もあって、バンクーバーの素晴らしい景色を楽しむと共に美味しい食事もいただけるんです。

■ 基本情報
・名称:クイーン エリザべスパーク
・住所:4600 Cambie St, Vancouver, BC V5Y 2M9
・アクセス:バス➡GRANVILLE ST & W GEORGIA ST (BUS STOP # 59830)の市バス#15で
キャンビー通りCambie St.と33rd Ave.との交差点で下車。バスの進行方向の左側の小高い丘を上って行きます。
カナダライン➡King Edward 駅で降り、33番のバスで行けます。
・営業時間:9~20時
・公式サイトURL:www.smcb.jp/digiphoto/296213

 

rank5_miniグランビル アイランド とパブリックマーケット
グランビルアイランドは、ダウンタウンからバラード橋を渡って行ける人口の島。と言っても島ではなく、陸続きになっているので、パブリックバスで簡単に行く事ができます。

パブリックマーケットは、デリ、魚、お肉、青果などの食料品のお店が並ぶ、屋内マーケットです。農家が売っている農産加工品などがあるため、ここでしか手に入らないものがたくさん!地元の人達の生活の一部ともなっており、観光客にも人気のスポットです。また地ビールのテイストができるレストランやハンドメイドの商品やかわいいキッチングッズ、手作りの帽子屋さん、文房具やポストカードだけを扱うお店など、見応えたっぷりです。大人が行っても楽しいおもちゃ屋さんもあります。もちろんカフェやレストラン、フードコートもあり気軽に休憩できます。マーケット内にあるドーナツ屋さんは、私の大のお気に入りで、バンクーバーで一番美味しいドーナツが食べれます!オールドファッションがおすすめです!見て歩くだけでも本当に楽しい場所です。

■ 基本情報
・名称: グランビル アイランド パブリックマーケット
・住所: 1661 Duranleau Street 2nd Floor Vancouver, BC V6H 3S3,(グランビルアイランド事務所)
・アクセス:グランビルアイランド内 ダウンタウンから50番のバスで約10分 ウエスト2アベニュー通りとアンダーソン通りで下車
・営業時間: 月から日 09:00AMから19:00PM
・定休日: 12月25日、26日、1月1日
・公式サイトURL: www.granvilleisland.com/en/public_market

 

⑥ギャスタウン
バンクーバーの発祥の地であるギャスタウンは、レンガを敷き詰めた道、クラッシックな造りの建物が並ぶとても趣きのある場所です。酒場として栄えたギャスタウンでは、雰囲気のあるレストランやパブ、アンティークショップ、ギフトショップなどが軒を連ねます。1977年に建てられた街のシンボルでもあるスチーム時計は今でも15分ごとに元気よく蒸気を上げ、現役で時間を告げ続けています。レトロな雰囲気のギャスタウンは、映画の撮影にもよく使用されるほど。ぜひ昔のバンクーバーを忍ばせる雰囲気を楽しんでくださいね。

    ■ 基本情報
・名称:ギャスタウン
・アクセス:ダウンタウン、ウォーター通りとキャンビー通りの交差点周辺。バス50番WATER ST.下車。
・公式サイトURL:www.gastown.org

 

⑦バンクーバー水族館
スタンレーパーク内にあるバンクーバー水族館。8000種以上の海洋動物を紹介するカナダ最大規模の水族館です。ベルーガやペンギン、水族館一番の人気物ラッコなど、珍しい海洋生物も見られるおすすめ人気観光スポットです。ギフトショップもあり、かわいいベルーガやラッコのぬいぐるみなども買えますよ。

■ 基本情報
・名称:バンクーバー水族館
・住所:845 Avison Way, Stanley Park, Vancouver, British Columbia, Canada
・公式サイト:www.vanaqua.org/

 

⑧UBC人類学博物館
UBC人類学博物館は、ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)内にある博物館で、トーテムポールの展示や地元の先住民族によるアートなど数多くの品が飾られているとても興味深い博物館です。バンクーバーの歴史上欠かせない先住民の文化について学べ、空港の出発ロビーにあるジェイド カヌーの彫刻者 ビル・リードの貴重な作品が見られるおすすめ人気観光スポットです。
大きな木をたっぷりと使って彫り上げられた動物達の大きな牙や爪、威嚇するような表情や、ユニークな表情の人の顔などなど表現は、独特で、先住民達の生活ぶりや文化などをかえり見る事が、できます。

基本情報
【名称】UBC人類学博物館 Museum of Anthropology at UBC
【住所】6393 North West Marine Dr. | (Near UBC), Vancouver
【電話番号】604.822.5087
【営業時間】火 10:00 – 21:00 水 – 日 10:00 – 17:00
【定休日】月曜日

 

⑨キャピラノ吊り橋ノースバンクーバーにあるキャピラノ渓谷は、自然が作り出す壮大な景色が楽しめるおすすめ人気観光スポットです。高さ70mの空中にかかるスリル満点のキャピラノ吊り橋や、渓谷を眺めるために作られたクリフウォークでは、ちょっとしたアトラクション気分を味わえますよ。吊橋を渡るとそこには渡った先巨木が生い茂る森の中を遊歩道が整備され、森林浴には最高の観光スポットです!

基本情報
【名称】キャピラノ吊り橋
【住所】845 Avison Way, Vancouver
【電話番号】604-985-7474
【営業時間】9:00-19:00

 

⑩グラウスマウンテン
バンクーバー市街地からわずか15分で行けるグラウスマウンテンは、バンクーバーが一望できるおすすめ人気観光スポットです。夏には、ジップラインやハイキング、鷹のショーなどがイベントもたくさんです。運が良ければ鹿などの野生の動物にあ出会う事も…。冬場はスキー場にもなり、大都会を見下ろしながらウィンタースポーツが楽しめますよ!アクセスは、ダウンタウンからパブリックバスで気軽に行けます。!

基本情報
【名称】グラウスマウンテン
【住所】6400 Nancy Greene Way, North Vancouver
【営業時間】9:00-22:00

 

冬でも楽しめるバンクーバーのおすすめ観光地5選

比較的夏や紅葉の時期に比べて安いツアーが多い冬のバンクーバー。豪華ホテルなど特典が付いたりと色々お得なツアーも多いですね。でもどんな事ができるの?と思う方もいらっしゃるのでは…。いつも陽気なお国柄のカナダ、冬だってたくさん楽しんじゃいます!ショッピングだって冬ならではの大セールやそんな冬のおすすめ5選をご紹介します!

バンクーバーは、冬でも気温がマイナスになることがほとんどなく、バンクーバー市内では雪が降るのもシーズンに数日だけです。また、冬の魅力の一つは、夏には高額で宿泊するには躊躇するようなホテルが冬季スペシャルなどお得なレートを出しているところが多く、豪華なホテルにお得に泊まることができます。そんなホテルに泊まりながら、この時期ならではの観光やショッピング、グルメで楽しむのがおすすめです。またせっかく冬のカナダに来たのでちょっとだけスキーやスノボもやりたいという方には、市内から車で30分前後のところにあるスキー場でスノーアクティビティを楽しみ、帰りにはバンクーバーの景色を楽しんだりするのもいいですね。

1.カナダのクリスマスの雰囲気を満喫する
バンクーバーでは、ハロウィーンが終わると、クリスマスのデコレーションに街中が一気に変わります。多くのクリスマスイベントが12月初旬からクリスマスにかけて開催されます。またライトアップは1月初旬まで行っているところも多くあるので、華やかにデコレーションされたバンクーバーを訪問する方には絶好のチャンスです。イベントはこちらをご参照ください。

2.フライ・オーバー・カナダ (Fly Over Canada)
カナダを西から東まで壮大な景色と飛行をいかにも自分が、遊覧旅行をしている体験ができるアトラクションです。1年中天候にも左右されずいつでも楽しめるアトラクションです。この時期には、特別編としてカナダの壮大な景色を楽しむ飛行に加え、サンタのマジカルフライトが、ノースポールまで連れて行ってくれる期間限定バージョンで楽しめます。私も子供達も体験しましたが、すごく面白くって興奮して帰ってきましたよ。カナダ全体を旅行できて、なんだか特にをした気分ですよ。

【場所】カナダプレイス (バンクーバー・ダウンタウン内)
【時間】毎日 10:00~21:00 (12月24日は18:00まで、12月25日は閉館)
【料金】大人(18歳以上)C$19.95
学生(13~17歳)シニア(65歳以上):C$17.95
子供(12歳以下)C$14.95
※身長が102センチ以上であること、また12歳以下は14歳以上の保護者同伴が必要

3.ボクシングデー、ボクシングウィーク ショッピング(Boxing Day, Boxing Week)
ボクシングデーというのは、クリスマスの次の日、12月26日のことで、どのお店でも大々的なセールをやる一大イベントになっています。またボクシングウィークといって12月26日の週、1週間セールをやっているお店もたくさん増えてきました。自分のゲットしたい商品をグッドディールで手に入れたいと、それを目当てに朝早くから行列ができるお店も…。もし12月26日かその週にカナダにいたら、お得なショッピングデーになりますよ。ここでは、バンクーバー・ダウンタウンからアクセスの便利なBC州で一番大きい約400店舗が入店している巨大ショッピングモールをご紹介します。このショッピングモールは、定休日がなく、年にクリスマスの25日だけお休みで、一年で最も忙しい12月は、夜10時まで開いてるんです。まさにマンモスショッピングモール。ちなみにボクシングデーは、かなり混んでいますので、時間に余裕を持って出かける事をお勧めします!

≪メトロポリス・アット・メトロタウン(Metropolis at Metrotown)
【場所と行き方】バンクーバーからスカイトレインのエキスポラインでメトロタウン下車 メトロタウン駅から直結している歩道橋を渡ったところ
【時間】月~土 10:00~21:00  日曜日11:00~19:00
クリスマス時期の営業時間は、サイトで確認してくださいね。
https://metropolisatmetrotown.com/

4.冬だからこそ楽しめるバンクーバーでアイスホッケー観戦
カナダのスポーツといえば、アイスホッケー。ちなみに国技では、ないんですよ。国技は、ラクロス。でも国技よりも人気のアイスホッケー。バンクーバーには「カナックス」というアイスホッケーチームがあり、毎ゲーム熱狂的ファンのもと熱い戦いを繰り広げています。開催場所は、バンクーバー・ダウンタウンから歩いてでも行ける便利なロジャースアリーナ。特にアイスホッケーに興味がなくても、スピードと迫力あるゲームを生で観戦できる絶好のチャンスです。地元カナディアンと一緒に応援する楽しい経験は、この時期にカナダでしか味わえないですよ。
チケットはネット購入もできますが、日本語での購入を希望の場合は、現地の大手日系旅行会社や日本からのオプショナルツアーをご利用する方法もあります。
【レギュラーシーズン】10月~4月
【開催場所と行き方】ロジャース・アリーナ
バンクーバー・ダウンタウンからスカイトレインで「スタジアム」下車すぐ。

>バンクーバーカナックスのホームページはこちら
>ロジャース・アリーナ(Rogers Arena)のホームページはこちら

5.バンクーバーでお手軽スノーアクティビティとバンクーバーの夜景を満喫
せっかく冬のカナダに来たのでちょっとだけスキーやボード楽しみたい方におすすめのダウンタウンから車でえ30分ほどのスキー場を紹介しましょう。スキーやボードは、出来ないという方でも、スケートやスノーシューなど他の冬のアクティビティも楽しめちゃいますよ。グラウスマウンテンでは、ナイターもありますので、ゆっくり午後から出発しても、たっぷリ冬のアクティビティを満喫できます。またレストランから眺めるダウンタウンの景色も最高です!条件が揃えば、オーロラも見える事もあるんですよ。

【営業時間】09:00~22:00
【行き方】ダウンタウンからシーバスでノースバンクーバーへ。236番のバスに乗り換え終点の「グラウス・マウンテン」下車。ダウンタウンから車で約20~30分
【リフトチケット】大人(19~64歳)一日券C$58.00、半日券(16時以降)C$48.00
学生(13~18歳)、シニア(65歳以上)一日券C$45.00、半日券(16時以降)C$40.00
子供(5~12歳)一日券C$25.00、半日券(16時以降)C$22.00

【滑走斜面難易度】初級15%、中級58%、上級27%

いかがでしたか?見どころ満載のバンクーバー、時間や時期など有効に活用して、ぜひエンジョイしてくださいね!

コメントは受け付けていません。