バンクーバー から行ける ビクトリア・アイランドの詳細

ビクトリア インナーハーバー,バンクーバーから日帰り

ここではビクトリアアイランドの観光スポットの詳細をまとめています!

カナダ・ブリティッシュコロンビアの州都ビクトリアは、バンクーバーからも日帰りツアーが出ているほど身近で人気の観光スポット。一年中温暖な気候により、四季折々に美しい花が咲き乱れ人々を楽しませてくれる、いちおしの観光スポットです。カナダの人々も、「いつか住んでみたい憧れの場所」第1位に選んでいるんですよ。

そんな素敵な、カナダ・ビクトリアのよりすぐりの観光スポットと絶品グルメを味わえる素敵なカフェ・レストランをご紹介していきます!

ビクトリア・アイランドで見逃せないおすすめ観光スポット10選はココ!

まずはバンクーバーとは違うビクトリア・アイランドの見どころ、ここだけは必ず行っておいたほうが良い!というおすすめ観光スポット10選のご紹介いたしますね!一日で全部行くのは難しいかもしれませんが、小さな街なので色んなスポットに行くことが出来るはずですよ!

1. インナー・ハーバー
ハーバーの周りには、温暖な気候で育ったフラワーバスケットが飾られた遊歩道が敷かれ、、大道芸人が芸を披露して多くの人を楽しませています。ダウンタウンは、このハーバーに沿って広がり、遊歩道をお散歩しながら街の様子を楽しむのにぴったりです。私も景色や花を見ながら、ゆっくり遊歩道を楽しみましたよ!

ビクトリア インナーハーバー,バンクーバーから日帰り

【住所】:Inner Harbor,Victoria

2. ブッチャート・ガーデン
元々イングランドの植民地であったビクトリアは、まだまだ色んな所に面影を残してるんですよ。そのの代表的な観光スポットが、ダウンタウンの北、約20kmのところに位置するブッチャート・ガーデンです。1年を通じて、四季折々にいろいろな花やアレンジを楽しむことができます。園内は、最も有名なサンクン(窪地)ガーデンのほかに、ローズガーデン、イタリアンガーデン、日本庭園、地中海庭園など5つのエリアに分かれ、今では世界中の人々が訪れる有名な観光スポットになりました。花の少ない冬には、ライトアップされ、四季折々のブッチャート・ガーデンが楽しめますよ。

ビクトリア日帰り旅行,ブッチャートガーデン

◆観光地名:ブッチャート・ガーデン(The Butchart Gardens)
【住所】:800 Benvenuto Ave. Brentwood Bay
【電話番号】:(250)-652-442
【営業時間】:
春(3月1〜31日)9:00〜16:00、(4月1日〜6月14日)9:00〜17:00
夏(6月15日〜9月3日)9:00〜22:00、(9月4〜15日)9:00〜21:00、(9月16〜30日)9:00〜17:00
秋(10月1〜31日)9:00〜16:00、(11月1〜30日)9:00〜15:30
冬(1月7日〜2月29日)9:00〜15:30
クリスマス期間(12月1日〜1月6日)9:00〜21:00、(12月25日)9:00〜21:00
【入園料金】:
<18歳以上>
(3月20日〜6月14日)CA$29.90、(6月15日〜9月30日)CA$32.10、(10月1〜31日)CA$26.85、(11月1〜30日)CA$20.80、(12月1日〜1月6日)CA$26.60、(1月7〜14日)CA$17.75、(1月15日〜3月19日)CA$23.80
<13〜17歳>
(3月20日〜6月14日)CA$14.95、(6月15日〜9月30日)CA$16.05、(10月1〜31日)CA$13.45、(11月1〜30日)CA$10.40、(12月1日〜1月6日)13.30、(1月7〜14日)CA$8.90、(1月15日〜3月19日)CA$11.90
<5〜12歳>
(3月20〜6月14日)CA$2.00、(6月15日〜9月30日)CA$3.00、(10月1〜31日)CA$2.00、(11月1〜30日)CA$2.00、(12月1日〜1月6日)CA$3.00、(1月7日〜14日)CA$2.00、(1月15日〜3月19日)CA$2.00

 

3. 州議事堂

ダウンタウンのハーバー沿いを歩いていると、絶対に目に付く立派な建物、州議事堂。ビクトリアの建築家フランシス・ラッテンベリーによって、1893年から5年という年月をかけ、建設されました。議事堂前にはエリザベス女王の像、青銅ドームの上にはバンクーバー島を発見したジョージ・バンクーバーの像が立っています。夜になるときれいにライトアップされる州議事堂は、昼間とは違った雰囲気を楽しませてくれます。

ビクトリア州議事堂,バンクーバーから日帰り旅行

◆観光地名:州議事堂(The Parliament Building)
【住所】:501 Belleville St.
【電話番号】:(250)387-3046、(1-800)663-7867
【開館時間】:(月〜金)8:30〜17:00
【定休日】:土、日曜日

 

4. ガバメントストリート

ビクトリアでショッピングといえば、このガバメントストリートがおすすめです。インナー・ハーバーのすぐ近くで、お洒落なブティック、可愛らしいお土産屋さんなどいろいろなお店が軒を連ねるガバメントストリート。ビクトリアでショッピングやウインドーショッピングのメインになる事間違いなしです。疲れたら、カフェに入って、コーヒーやスイーツも楽しめて、、パブなどもあり便利でした。

ビクトリア市内観光,ビクトリアショッピング,バンクーバーから日帰り

◆観光地名:ガバメントストリート(Government Street)
【住所】:Govermment St.

 

5. ミニチュアワールド

人形や乗り物の細かい部分までこだわって作られたミニチュアの模型を、間近で見学することができる博物館です。カナダや世界の歴史をミニチュアを使って表現し、精巧な60シーンもの場面が作り上げられ、豆粒サイズのリアルな模型たちに感動ですよ!

ビクトリア観光スポット,バンクーバー日帰り旅行

◆観光地名:ミニチュアワールド(Miniature World)
【住所】:649 Humboldt St,Victoria,BC,Canada V8W 1A7
【電話番号】:250-385-9731
【営業時間】:(3月16日〜5月6日)9:00〜17:00(5月7日〜9月26日)9:00〜21:00
【定休日】:12月25日
【入場料金】:大人CA$15、子どもCA$8

 

6. ビーコンヒル・パーク

ダウンタウンの南側に位置するビーコンヒル・パークの園内には、ここのメインでもある高さ39mのトーテムポールが立ち、また色鮮やかな香り高いバラの咲き乱れるバラ園があります。
市民の人々に憩いの場として愛され、のんびりと休日を過ごす人の姿が多く見られます。ちょっと一息したいときにぴったりなスポットですよ

ビクトリア観光,バンクーバー日帰り旅行

◆観光地名:ビーコンヒル・パーク(Beacon Hill Park)
【住所】:Victoria, British Columbia
【電話番号】:+1250-361-0600
【ホームページ】:beaconhillpark.com/index.html

 

7. ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館

ブリティッシュ・コロンビア州の歴史や原住民のインディアンについて、さまざまなことを学べる博物館です。2階の展示コーナーではビクトリア周辺の海や森林の模型などがあり、如何にも森林の中にいる錯覚を起こしちゃいます。説明を聞くことも出来ます。3階の展示コーナーでは、原住民のインディアンの生活様式や部族の違いなどについて、模型を通して知ることができるとてもユニークな博物館です。

ビクトリア観光,バンクーバー日帰旅行

◆観光地名:ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館(Royal British Columbia Museum)
【住所:675 Belleville St.
【電話番号】:(250)356-7226、(1-888)447-7977
【開館時間】:6月4日〜9月25日(日〜木曜日)10:00〜17:00(金、土)10:00〜22:00(9月26日〜6月3日)毎日10:00〜17:00
【定休日】:年中無休
【入場料金】:大人CA$14.29、シニア・子どもCA$9.06、学生CA$9.06
※時期によって料金が変更になる場合があります。
ホームページ:royalbcmuseum.bc.ca

 

8. エミリー・カーの生家

カナダを代表する芸術家、エミリー・カーの生まれた邸宅は、1863年に建てられ、それ以降現在でも美しい容姿を残し保存されています。エミリー・カーの作品に多大な影響を与えたアラスカの風景、カナダ先住民のアートに触れることができ、またフランスやイングランドヘ留学していた時の様子など、彼女の事を深く知ることが出来る博物館となっているんですよ。

ビクトリア観光,バンクーバー日帰り旅行

◆観光地名:エミリー・カーの生家(Emily Carr House)
【住所】:207 Government St., Victoria
【電話番号】:(250)-383-5843
【開館時間】:11:00〜16:00
【定休日】:日曜日、月曜日(10月〜4月は休業)
【入場料】:大人CA$6.75、子どもCA$4.50、シニアCA$5.75
【ホームページ】:emilycarr.com

 

9. クレイダーロック城

石炭と鉄道で成功を収めた人物、ロバート・ダンズミュアによって1890年に建てられたこの豪邸は、まるでお城のような外観。素晴らしい豪華な調度品の数々、窓にはめ込まれた美しいステンドグラスなどから当時の上流階級の人々の暮らしぶりを感じるとることができます。まるで18世紀にタイムスリップしたよう!!

ビクトリア観光,バンクーバー日帰り旅行

◆観光地名:クレイダーロック城(Craigdarroch Castle)
【住所】:1050 Joan Crescent Victoria, BC
【電話番号】:(250)-592-5323、(250)-592-1099
【開館時間】:9:00〜19:00、(9月上旬〜6月中旬)10:00〜16:30
【定休日】:1月1日、12月25日、12月26日
【入場料金】:大人CA$13.75、シニアCA$12.75、子どもCA$5

 

10. マーケット・スクエア

チャイナタウンやダウンタウンにも近く、約30以上ものお店が連なるショッピングモール。19世紀末期、ゴールドラッシュ真っさかりの頃に建設された倉庫街を再開発し、ショッピングモールと生まれ変わりました。。休日にはイベントが催されたり、パフォーマーが芸を披露していたり、ショッピングだけではなく目も楽しませてくれますよ。

ビクトリア観光,バンクーバー日帰り旅行

◆観光地名:マーケット・スクエア(Market Square)
【住所】:560 Johnson Street,Victoria,British Columbia,V8W 3C6 Canada
【電話番号】:(250)-386-2441、(250)-386-2440
【営業時間】:10:00〜17:00、(日、祝日)11:00〜16:00※各店舗により異なる
【定休日】:各店舗により異なる

 

バンクーバーからビクトリアは格安のツアーがおすすめ!

個人でビクトリアに行くのも良いのですが、やはり効率よく安心して観光スポットをまわるならツアーがおすすめです!
英語ガイド付きの食べ歩きツアーや、市内観光バスツアーなど、30ドル代(3000円ほど)からありますよ♪これなら英語が話せなくても、歩くのが億劫な方も気楽にビクトリアを楽しむことが出来るはず!
もちろん一人旅の方で、一人参加可能のツアーもありますよ(^^♪

コメントは受け付けていません。