治安安全なバンクーバーがシニアの短期留学先に人気の理由

カナダのバンクーバーって家族旅行とか新婚旅行先としても人気が高い場所なのですが、シニア世代の短期留学先としてもかなり人気が高いってご存知ですか?
近年では、老後を海外で過ごすとか、時間を気にせずにのんびりできる定年退職後に、夫婦で海外旅行を楽しむシニア世代が増えていますが、英語を学びに世界各国へ行く、シニア留学が人気にだそう。
50代から定年退職した世代まで、英語圏であるここバンクーバーがそんな彼らの語学を学ぶ街として選ばれているんです。

英語圏でバンクーバーが選ばれる理由5つ

カナダは世代を問わずに語学を習得する国として英語圏内ではトップ2なんです。さらにバンクーバーといえば世界でもっとも住みやすい街のトップ3に毎年上げられています。では、なぜバンクーバーが英語を学ぶ街として選ばれるのか理由を5つあげてみましょう!

1,治安が良く安心な街

バンクーバーは中の保持が禁止されていて、治安はとても良く、シニア世代が夜間に外出してもかなり安全なので安心です。(もちろん場所にもよりますが)むしろ、世界各国から定年退職した老夫婦が移住する街でもあるくらいです。

2,他の国に比べて物価が安い

他の英語圏の国々に比べて物価が安いので外食をしてもそれほどコストが高くつきません。留学費や生活費などの費用も比較的コストが抑えられます。そして治安が良い街だからこそ、5つ星ホテルに泊まらなくても普段とは違う外国の文化を楽しむために、更に安いベッド&ブレックファストに泊まったりするシニアも多いのだとか。

3,自然が多くゆったりしている

シニアの滞在先では、あまりアクティブすぎるよりも、のんびりリラックスできる生活が出来る場所の方が人気が高いです。その点バンクーバーは森や木などの緑が多く、自然の安らぎとともにゆったりと滞在が可能です。生活環境は旅行先を決める時には重要なポイントとなります。

4,ゆったりした観光スポットがある

こちらも50代以降の方には重要です。若い人だと、登山ができたり馬に乗ったり、ショッピングや観光するのが楽しいですが、お年寄りになるとそうした観光スポット的なところよりも、リゾート系のような野山を楽しんでハイキングができるところとか、歴史的な建造物がたくさんあってゆっくり見ながら散策できる場所があるかどうかが人気のようです。
バンクーバーには歴史的な建造物がたくさんありますし、ビーチでゆっくりもできます。自然も豊かで癒されるので、そうした点が定年退職後の世代から高評価なのかもしれませんね。

5,おいしい和食が食べれる

バンクーバーは日本人が比較的多くて美味しい和食を食べられるという点もこの街が選ばれる理由です。若い頃にはそこでしか食べられないご当地グルメを堪能することも旅の楽しさですけれど、年齢を重ねると、普段食べ慣れているものの方が安心だったり、海外のボリュームたっぷりの肉料理だと体が受け付けなかったりするので、食べたくなったらすぐに駆け込める日本食レストランがどのぐらいあるかという点も、語学を学ぶ滞在先選びのポイントになるようです。
バンクーバーには日本人がたくさんいますし、日本食のレストランや和食を取り扱うが数多くあります。しかもとっても美味しいです!とくにサーモンなどの魚介類は日本より新鮮でおいしかったりします。

英語圏の中でも特にバンクーバーは留学費用が安いのが人気理由

英語圏はいろんな国がありますよね。ただ、留学費用は選ぶときの大きなポイントとなります。
もし3ヶ月滞在したときの目安ですが、人気のアメリカが60~80万(ニューヨークなどはもっとかかる)にくらべて、バンクーバーは40~70万前後といわれています。外食せずに自炊などすればもっと抑えられるはずです。

バンクーバーの人はフレンドリーでシニアには住みやすい

ここが一番大きなポイントかもしれません!
バンクーバーの人たちはいつもニコニコ笑顔でフレンドリー。私もいつも久々に訪れるとそんな街の人たちの優しさに心から癒されます。特にシニア世代の人が比較的多いので海外から住みやすさを求めて移住してくるのもわかりますよね。
バンクーバーがシニア世代に人気の理由がなんとなくお分かりいただけたでしょうか?
もしどこの国にしようか迷われている方がいたら、ぜひこの街がおすすめです!!!

コメントは受け付けていません。