バンクーバーのお土産はインディアンが愛したメイプルシロップを!

maple-syrup

バンクーバーのお土産として年齢問わずに一番人気なのがメイプルシロップ。
大きなボトルから小分けのものまで幅広い種類があり、安いものなら3ドル台から(約数百円)で買えるので会社や友達用のバラマキ土産にも最適なんです!
そしてバンクーバーのコンビニやドラッグストアに行けば、必ずと言っていいほどメイプルシロップのコーナーがあります。
バンクーバー,一人旅,シニア旅
皆さんもご存知のカナダの国旗でもあるカエデの樹脂から出来ている、国を代表する特産品なんですよ!
でも、どうやって作られているのか成分や特徴など意外と知られていないんですよね。今回はそんなメイプルシロップのすべてをご紹介いたします。
家族や友達にお土産で渡すときの参考にしてみてくださいね!

メイプルシロップは希少性の高い甘味料?特徴は?

さて、バンクーバー旅行で一番人気のお土産メープルシロップとはいったいどんな甘味料なんでしょうか。

バンクーバー,一人旅,シニア旅

実はメープルシロップ、かなり希少性の高い甘味料なんです。
主にカナダのケベック州が最大の採取場所(なんと世界の80%以上をこの州で供給!)とされ、
さらにその周辺やアメリカのごく一部で採ることが出来ます。
カナダの国旗にも使われているメープル(カエデ)の樹液を煮詰めた添加物など一切含まれていない、自然が作り上げた甘味料なのです。
昔、原住民であるインディアンの貴重なエネルギー源として大切に扱われていました。

メープルシロップの特徴

1, 収穫期間がたったの2週間前後!
2, 40リットルの樹液を煮詰めてたった1リットルしか採れない!
3, カナダの中でも採れる場所が限定されている!
4, 1本のカエデから採れる量が決まっている!

やはり今でも とても貴重な天然の甘味料なのがわかりますよね。
まさに大地のめぐみであるメープルシロップ。なぜお土産として人気なのかが分かります!

疲れた同僚のお土産におすすめ!メープルシロップの栄養価は?

雪解け水を吸収した樹液を、 煮詰めるメープルシロップはただ甘いだけでなく、栄養価がとても高いんです!
現代の働きすぎな日本人に不足しているカルシウムやマグネシウム、たんぱく質や糖質の代謝に不可欠な亜鉛、余分なナトリウム(塩分)を排出するカリウムといった注目のミネラルがバランスよく豊富に含まれています。
メープルシロップに含まれるミネラルの特徴

Caカルシウム Kカリウム
日本人にとって慢性的に不足しがちな栄養素。歯や骨再生、血圧の上昇を防ぎ、血液の凝固を助ける。 余分な塩分を体外に排出し、新陳代謝あげる話題のデトックス(毒素排出)成分。
Zn亜鉛 Mgマグネシウム
代謝に不可欠な栄養素。アルコールの分解、動脈硬化を防ぐ。 マグネシウムは、カルシウムとともに歯や骨の形成に必要な栄養素、骨粗鬆症の防止、美にはこの両方が必要。

さらに様々な
ビタミン、アミノ酸、たんぱく質、有機質、ポリフェノールも含まれているので
にコーヒーや紅茶にいれるだけで身体にすっと浸透し、身体を癒してくれます。これは会社の疲れた同僚のお土産にぴったりではないでしょうか。
砂糖やはちみつに比べてビタミン、ミネラルの含有量が高くカロリーが低いので女性のお土産にはさらに喜ばれると思います。
また、メイプルシロップの特徴として煮詰める過程で殺菌されるので、着色料や添加物を含まない100%の自然食品!!はちみつと違い、ボツリヌス菌(食中毒の原因となる微生物)の心配はありません。
乳児期 や1歳を超えたお子様がいる方へのお土産にも最適ですね!!
赤ちゃんからお年寄りまで、安心して口にできるメープルシロップ世界各地の旅行者がお土産として大量に買っていく理由がわかりますね。

賞味期限が長い!お土産だけなく自分用にまとめて購入しよう!

バンクーバー,一人旅,シニア旅

メープルシロップの人気の理由として賞味期限が長い、というのも一つです。
お土産だけでもかさばりそうですが笑
余裕があれば自分の分もまとめて何本か購入しておきましょう!
重すぎて心配という方は出国前に購入し、家まで届けてくれるサービスもあります。
メープルシロップの賞味期限の目安として

■封を開けない状態→製造日から、ガラスの容器で3年。
プラスチックで2年。
■封を開け後→冷蔵庫で6ヶ月は大丈夫

ちなみに賞味期限が切れたからといって使用できないわけではないようです。
わたしは期限が切れたものはスープなどの料理に使っていますよ!
栄養価も高く、保存も利くなんて最高のお土産!
いろんなパッケージや、タイプ(バターや粉末など)あるのでいろいろと吟味して購入してみてくださいね!
日本にはないメイプルシリーズがバンクーバーではたくさんみつかりますよ♪

コメントは受け付けていません。