食事しておくべき?ANA,JAL国際線の機内食の時間は?

jalfoods2

バンクーバー,一人旅,シニア旅

いざ空港へついたとき、時間帯によってはお腹が空いていて空港で原越しさえするべきか、どのくらい食べるべきか悩むときありませんか?
食べ過ぎてせっかく楽しみにしていた機内食が食べれなくなるのも嫌ですよね笑
ということで計画的に食事をしておきたい方へ、ANA,JAL国際線の機内食がでる時間帯を調べてみました。
ぜひ参考にしてせっかくの機内での食事を思う存分楽しんでくださいね!

機内食は2回提供。1回目は出発後1位時間くらい?

JAL国際線もANA国際線も、日本からバンクーバーに行く出発便も、そして帰ってくるときの帰国便でも、機内食が2回提供されます。これは航空運賃に含まれているので、あとから料金がかかることはないので安心してくださいね。
機内食が出る時間ですが、揺れの状態によって前後することはあるものの、大体は出発してから1時間ぐらいで最初の機内食が出てきます。

バンクーバー,一人旅,シニア旅

メニューは定期的に変わるので、空での食事をたのしみに飛行機に乗る人も多いほど。
一般的には、バンクーバーへ向かう時にはカナダっぽい洋食がでて、チキンかビーフが選べますそして、日本に帰国する時には日本っぽい和食のが出てくることが多いですね。
日本からバンクーバーまでの直行便はたくさん飛んでいて、午前発の便もあれば午後初の便もあり、日本国内での乗り換えとか希望に合わせて選ぶことができます。日本からのツアー商品を選ぶ際には、国際線の出発時間などが午前とか午後と記載されていることがあるので、逆算して何時くらいに食事が出るのかという点もチェックしながらツアー選びをすると良いですね。
バンクーバーに乗り入れている航空会社は多く、食事が美味しいとJALやANAなどが人気となっています。やはり、フライトアテンダントが日本人だと困った時などにも助かりますし、機内食のサービスの時などにも便利です。

睡眠後、ANA 、JAL国際線の二回目の機内食は2時間前?

バンクーバー,一人旅,シニア旅最初の食事が終わると、映画が放送されたりしますが、大体は機内が暗くなるので大半の人は楽しい旅行に向けてしっかりと睡眠をとることが多いようです。
私も基本的には機内で爆睡することが大好きです笑
2回目の機内食は、着陸から大体2時間ぐらい前に出されるようです。それまで暗かった機内に明かりがつくと、フライトアテンダントさんがばたばたしだし、お絞りなどを配りはじめます。
そしていい香りがし始め、、搭乗している人は「そろそろ食事をもう一回食べて到着か!」とワクワクしてくるもの。JAL国際線でもANA国際線でも、またほかの航空会社でも、大体このパターンになっているようです。
大気の状態が不安定で食事のサービスが難しい時には、少し早くなったり遅くなったりすることはあります。

最初の機内食はボリュームたっぷりの食事!計画的に腹ごしらえを!

食事のボリュームですが、午前便でも午後便でも、大体最初の機内食はボリュームたっぷりの食事で、2回目は軽い軽食になっているのが一般的です。
搭乗前に腹ごしらえをする場合には、飛行機に乗って一時間ほどですぐにボリュームたっぷりの食事が出てくることを想定した上で腹ごしらえをしましょう!

コメントは受け付けていません。